光半導体

EOL・代替品が気軽に1品番からご依頼が可能にかんたん調査依頼

お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮のために、お気軽にご利用ください。

詳細はこちら>

2019年 GaN素子LED特許の状況②光半導体LED特許と価格の関係

白色LEDに関する特許は日亜化学より多数提案されていますが、その多くが2011年に期限切れになっています。

また、日亜化学のGaN青色LED特許が2019年に無効となる予定です。

これら特許の権利消滅による影響はあるのでしょうか?

特許の権利消滅による影響

2011年に日亜化学のLEDに関する特許権利が数多く消滅したことにより、2012年よりアジア系メーカー(日本を除く)では白色LEDの拡販を進めています。

残る日亜化学のGaN青色LED特許は汎用性が低いのと、日亜化学が主要ウエハーメーカーとクロスライセンス契約をしているため大きな影響は無いと考えられます。

可能性があるとすると、長期訴訟関係にあるEVERLIGHT(ウエハーはEpistar)が、日本市場で拡販を行なう事です。

しかしながら、青色LEDの製品単価も既に下落していますし、ウエハーメーカーの生産キャパは台湾・中国向けがメインであり日系メーカーへの供給は出来ないと想像しており、大きな混乱が起きることはないと思われます。

LED特許と価格の関係

LED特許と価格の関係

LED照明を多く使っている香港ビクトリア湾の風景

LED照明を多く使っている香港ビクトリア湾の風景

品種別情報・光半導体 設計段階から徹底できるEOL対策・代替品調査 電子部品市場シェア調査

光半導体についてのメーカー情報や評価情報等、詳しい情報については、お問い合わせください。

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス