業界動向

EOL・代替品が気軽に1品番からご依頼が可能にかんたん調査依頼

お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮のために、お気軽にご利用ください。

詳細はこちら>

業界動向NEWS 2018年9月度

UKCホールディングスとバイテックが経営統合

電子部品代理店のUKCホールディングスとバイテックは、9月14日に経営統合する事を正式発表しました。

引用:株式会社UKCホールディングスと株式会社バイテックホールディングスの経営統合に関するお知らせ

UKCホールディングスは、2009年にユーエスシーと共信テクノソニックが合併して設立された経緯があります。

今回のバイテックと合併により、競争が激化するAI/IoT機器向けの製品販売に向けて両社のシナジー効果を活かして売上増を目指すとの事です。

今回の合併で、両社の売上合計は¥5,000億規模となりマクニカ・富士エレホールディングスと並ぶ日系電子部品代理店のTOPとなります。

参考資料:株式会社UKCホールディングスと株式会社バイテックホールディングスの経営統合に関するお知らせ

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス